ブログ

2020/07/19(日)

オンライン化に失敗した話

カテゴリー:コンサル

 

 

商品のオンライン化に

失敗した話

 

を、していこうと

思います(^^)

 

 

高額商品をつくり

施術を減らして100万円

 

スタッフを雇う自信がない

女性サロンオーナーのための

ゆとりサロン経営術

 

宇津野裕人です(^^)

 

僕は以前、

商品のオンライン化に

失敗しました。

 

 

当時も変わらず

整体サロンをやっていて

施術の毎日に疲れ果て、

体はボロボロでした。

 

 

そこで、

 

オンライン商品を作って

売り上げの柱を構築し、

施術から解放されよう

と、思ったんです。

 

 

結構ありがちなこと

だと思います。

 

 

最終的に作ったオンライン商品は

3万円程度のものが

3〜4つ出来ました。

(ストレッチ動画などの販売)

 

 

これを、ネット上で

売って行ったのですが、

 

 

これが、とてつもなく

コケました😓

 

 

コケたとは言っても、

 

最大で月50万円くらいの売り上げ

最低でも20万くらいの売り上げが

オンライン商品から構築できました。

 

 

低額の売り上げはたちましたが

あれはほぼ失敗したと

思っています。

 

 

なぜか?

というと

 

 

 

成約率が

5〜6%だったからです。

 

 

成約率というのは

商品にご興味を持ってくださっている方に

商品を紹介して

 

 

ご購入いただけるかどうか?

の、確率ということです。

 

 

5〜6%ということは

100人に商品を紹介して

5〜6人が買ってくれるということです。

 

 

当時、僕が学んでいた

オンライン商品構築の

ノウハウでは

 

 

成約率5〜6%というのは

良くも悪くもなく、

平均的な数字でした。

 

 

しかし、今なら分かりますが

 

 

このスタイルで

売り上げを伸ばしていくのは

とても効率が悪いんです。

 

 

まず、

成約率1桁で、3万円程度の商品を

10本や20本売っていくというのは

労力がとてつもないです。

 

 

当時は月に200〜250人に

セールスをしていたのですが、

 

 

これだけ大人数に対して

アプローチするとなると

仕組みの構築が

かなり大掛かりになります。

 

 

当時は

ステップメールや

LINEステップを使っていましたが

 

 

10通くらいのステップメールを

5つも6つも作っていました。

 

 

これだけでも

3〜4ヶ月掛かってしまいます。

 

 

200万、300万を目指していた僕には

再現性がとても低い方法でした。

 

 

 

では、どんな方法なら

効率がいいのか?

 

 

これは、

 

少ない人数に

高単価の商品をご提案させて頂いき

高い成約率を出すことです。

 

 

 

オンライン化、となると

 

 

自動化することが

大切とされていたので

 

 

少ない人数に

直接関わることは

賛否両論あると思います。

(直接のやり取りは自動化出来ないので)

 

 

しかし、このスタイルになって僕は

労力が7〜8割ほど減りました。

 

 

かなり、効率化されたと

思っています。

 

 

それに、もともと

人に蜜にかからんことが好きで

医療職に就いたので

 

 

今のスタイルの方が

性に合っている気もしています。

 

 

以上の理由から

低単価で大人数へのセールスは

僕はお勧めしていません。

 

 

もっとハードル低く、

効率の良い方法があります。

 

 

 

==============
 
マッサージ、エステ、
 
整体院、美容室、お教室…など
 
 
 
1人サロンでも
 
施術に追われず
 
ふわっと稼げるスタイル
 
目指しませんか?
 
 
 
LINE友達追加は
 
こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎月3名様限定まで
先着6名様限定割引 → 残り1名様

つくばの整体【整体院 隆江】へのメール予約はこちらから

ご予約につきましては、まず予約前診断フォームにご記⼊をお願いいたします。

 

つくばの整体【整体院 隆江】へのメール予約はこちらから

※営業時間は9時〜22時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。